clamav-update
clamav-update のフォーラム
 
 FAQFAQ   検索検索   メンバーリストメンバーリスト   ユーザーグループユーザーグループ   登録する登録する 
 プロフィールプロフィール   プライベートメッセージをチェックするプライベートメッセージをチェックする   ログインログイン 

ClamAV 0.93 のビルド

 
新しいトピックを投稿   トピックに返信    clamav-update Forum Index -> Support
前のトピックを表示 :: 次のトピックを表示  
投稿者 メッセージ
okamura
Site Admin


登録日: 2006.11.13
記事: 291
所在地: 埼玉県

記事日時: 2008-04-15 06:54:44+00:00    記事の件名: ClamAV 0.93 のビルド 引用付きで返信

clamav-update :: トピックを表示 - ClamAV 0.92.1 で PE ファイルに関するバッファーオーバーフロー」で言及されているとおり本当にすぐに ClamAV 0.93 が出ました。

このバージョンのビルドは「clamav-update :: トピックを表示 - ClamAV 0.93rc1 のビルド」に書いた状態と全く同じですが、rar ファイルの解凍を無効にした状態でも旧バージョンを削除した状態でもない方法として以下を試してください。ただし、Mac OS X 10.4.11 (Core Duo) での方法です。また 10 行目はコメントですが、コメント内容をテキストエディタで行ってください。
Code:
curl --silent -o /usr/local/src/clamav/clamav-0.93.tar.gz http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/clamav/clamav-0.93.tar.gz
curl --silent -o /usr/local/src/clamav/clamav-0.93.tar.gz.sig http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/clamav/clamav-0.93.tar.gz.sig
/usr/local/bin/gpg --verify /usr/local/src/clamav/clamav-0.93.tar.gz.sig
export CFLAGS='-arch i686'
export LDFLAGS='-arch i686'
sudo mv /usr/local/clamXav/lib /usr/local/clamXav/lib.backup
./configure --prefix=/usr/local/clamXav --build=i686-apple-darwin8.11.1
make > make.out 2>&1
sudo make install
# clamd.conf の ArchiveMaxCompressionRatio をコメント
sudo /Library/StartupItems/ClamAntiVirusDaemon/ClamAntiVirusDaemon restart
sudo /Library/StartupItems/FreshClamDaemon/FreshClamDaemon restart
echo VERSION | clamdsh.pl
sudo rm -r /usr/local/clamXav/lib.backup
他の環境では次の点が変わるでしょう。
  • 2, 3 行目
    ClamAV 用の gpg の公開鍵をインポートしていないなら不要。ただしソースアーカイブが改変されているかどうかは確認できない。
  • 4, 5 行目
    Code:
    export CFLAGS='-g'
    そのアーキテクチャでの最適化を行うなどして、gcc のバージョンが古いことに起因するビルドエラーを回避するということです。
  • 6 行目
    sudo を設定してないときは
    Code:
    su -c 'mv /usr/local/clamXav/lib /usr/local/clamXav/lib.backup'
    ClamXav ユーザでない場合は移動するパスが異なります。
  • 7 行目
    --build=i686-apple-darwin8.11.1 を削除するか環境に合わせる。
    --prefix=/usr/local/clamXav を削除する(ClamXav ユーザでないとき)
  • 9 行目
    sudo を設定してないときは
    Code:
    su -c 'make install'
  • 11 行目
    必要に応じてその環境での clamd の再起動
  • 12 行目
    必要に応じてその環境での freshclam の再起動
  • 13 行目
    当プロジェクトの clamdsh をインストールして(適切に設定して)いないなら不要。これは再起動して稼働している clamd のバージョンを確認しているところです。clamd を使用していないなら不要です。
  • 14 行目
    sudo を設定してないときは
    Code:
    su -c 'rm -r /usr/local/clamXav/lib.backup'
    ClamXav ユーザでない場合は削除するパスが異なります。

_________________
OKAMURA
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動 AIM
okamura
Site Admin


登録日: 2006.11.13
記事: 291
所在地: 埼玉県

記事日時: 2008-04-15 07:09:34+00:00    記事の件名: 要点は 引用付きで返信

上に書いた方法の要点は
  • 既にインストールされた ClamAV のライブラリを一旦別なディレクトリにして、旧バージョンによる干渉でビルドできないという現象を回避する
ということです。それ以外は以前のバージョンと同じです。
_________________
OKAMURA
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動 AIM
特定期間内の記事を表示:   
新しいトピックを投稿   トピックに返信    clamav-update Forum Index -> Support All times are GMT + 9 Hours
Page 1 of 1

 
移動先:  
新規投稿: 不可
返信投稿: 不可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
投票参加: 不可


Hosting by SourceForge.jp
Powered by phpBB © 2001, 2005 phpBB Group
Traduction par : PHPBB JAPAN / EUC-JP Edition : JP Support Forum