clamav-update
clamav-update のフォーラム
 
 FAQFAQ   検索検索   メンバーリストメンバーリスト   ユーザーグループユーザーグループ   登録する登録する 
 プロフィールプロフィール   プライベートメッセージをチェックするプライベートメッセージをチェックする   ログインログイン 

Mac OS X で ClamAV 0.92 に無事アップデートできましたか?
ページ移動 1, 2  次へ
 
新しいトピックを投稿   トピックに返信    clamav-update Forum Index -> Support
前のトピックを表示 :: 次のトピックを表示  
投稿者 メッセージ
okamura
Site Admin


登録日: 2006.11.13
記事: 291
所在地: 埼玉県

記事日時: 2007-12-18 12:07:19+00:00    記事の件名: Mac OS X で ClamAV 0.92 に無事アップデートできましたか? 引用付きで返信

昨日の 17 日に ClamAV 0.92 がリリースされました。

Mac OS X + ClamAV 0.92 に関して懸念していた/懸念していることを書いておきます。

【ビルドできた】
そのリリース候補を Mac OS X 10.4.10 (Tiger) で試したときは「ClamAV 0.92 はビルドできないかも」に書いたとおり、configure の段階で駄目でした。そこにも書いてありますが、yish さんによると Mac OS X 10.3.9 (Panther) では大丈夫でした。

しかし、昨夜私の Mac OS X 10.4.11 では freshclam 経由で無事に ClamAV 0.92 へアップデートされました。恐らくこの問題は事前に解消されたものと思われます。

【Leopard は大丈夫?】
一方で「LeopardへのclamXavのインストール」では ClamAV 0.91.2 を Mac OS X 10.5 にインストールするときに configure による clamav ユーザの確認のところでこけていました。これは従来
Code:
./configure --prefix=/usr/local/clamXav
としていたところを
Code:
./configure --prefix=/usr/local/clamXav --disable-clamav
とすることで回避することができます。

当時は ClamAV 0.92 のリリースが間近に控えていました。この 0.92 で Leopard 用にその部分が改善される可能性もあったため、clamav-update の ClamAV 用の設定ファイルへの回避方法については特に言及していませんでした。

昨夜 ClamAV 0.92 に含まれている configure をざっと見たところ、この clamav ユーザの確認については以前のままのように思いました。そうだとすれば ClamAV 0.92 でも上記の回避策を実施しなければならないわけで、そうすると clamav-update の ClamAV 用の設定ファイルにもそれを施さないと自動アップデートは失敗します。

私の手元には Leopard がなく全く確認できないのですが、Leopard を利用している方はいかがでしたか? 予想通りアップデートは失敗でしたか?
_________________
OKAMURA
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動 AIM
t0mori



登録日: 2006.11.17
記事: 105
所在地: 東京都

記事日時: 2007-12-18 16:33:12+00:00    記事の件名: 予想通り 引用付きで返信

失敗っぽいです。

Code:
$ sudo /usr/local/clamXav/bin/freshclam -v
Current working dir is /usr/local/clamXav/share/clamav
Max retries == 3
ClamAV update process started at Tue Dec 18 16:26:28 2007
SECURITY WARNING: NO SUPPORT FOR DIGITAL SIGNATURES
See the FAQ at http://www.clamav.net/support/faq for an explanation.
Querying current.cvd.clamav.net
TTL: 298
Software version from DNS: 0.92
WARNING: Your ClamAV installation is OUTDATED!
WARNING: Local version: 0.91.2 Recommended version: 0.92
DON'T PANIC! Read http://www.clamav.net/support/faq

そして相変わらずSECURITY WARNING: NO SUPPORT FOR DIGITAL SIGNATURESのままだったり Embarassed
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
Atsushi



登録日: 2006.11.17
記事: 46
所在地: 愛知県

記事日時: 2007-12-18 19:42:55+00:00    記事の件名: 同じく失敗です 引用付きで返信

こちらのログによるとセキュリティの警告はでませんが、アップデートはされません。

--------------------------------------
freshclam daemon 0.91.2 (OS: darwin9.0.0, ARCH: i386, CPU: i386)
ClamAV update process started at Tue Dec 18 19:36:10 2007
WARNING: Your ClamAV installation is OUTDATED!
WARNING: Local version: 0.91.2 Recommended version: 0.92
DON'T PANIC! Read http://www.clamav.net/support/faq
main.inc is up to date (version: 45, sigs: 169676, f-level: 21, builder: sven)
Downloading daily-5157.cdiff [100%]
Downloading daily-5158.cdiff [100%]
Downloading daily-5159.cdiff [100%]
Downloading daily-5160.cdiff [100%]
Downloading daily-5161.cdiff [100%]
Downloading daily-5162.cdiff [100%]
Downloading daily-5163.cdiff [100%]
Downloading daily-5164.cdiff [100%]
daily.inc updated (version: 5164, sigs: 8910, f-level: 21, builder: sven)
Database updated (178586 signatures) from db.jp.clamav.net (IP: 219.117.246.50)
--------------------------------------
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動
t0mori



登録日: 2006.11.17
記事: 105
所在地: 東京都

記事日時: 2007-12-18 19:57:48+00:00    記事の件名: うちの環境での話なんです。 引用付きで返信

ごめんなさい、紛らわしい書き方してしまいました。
SECURITY WARNING: NO SUPPORT FOR DIGITAL SIGNATURES
は、うちのG5に最新のバージョンのGMPをG5上でmake installした後、clamavをmake installした場合に、一見インストールが成功しているようなのに、電子署名がサポートされない、と言う現象が発生してまして、以前OKAMURAさんに相談に乗って頂いていたため、私信めいた書き方をしてしまいました。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
okamura
Site Admin


登録日: 2006.11.13
記事: 291
所在地: 埼玉県

記事日時: 2007-12-18 21:09:04+00:00    記事の件名: clamav-update.conf を次のように書き換えてみてください 引用付きで返信

そうしたらですね、/usr/local/clamXav/etc/clamav-update.conf の書き換え例を install.command でインストールされたままの状態のパターン別に書いてみます。
  • clamd なし & freshclam なし & ClamXav 使用
    Code:
    #$Setting{phase}->{specifier} = \&PhaseSpecifier4ClamAV4ClamXav;
    #   If you want to customize phase specification, use following instead of
    #   above.
    #$Setting{phase}->{specifier} = sub {
    #   # use build-in specifier
    #   PhaseSpecifier4ClamAV4ClamXav();
    #
    #   # If you use clamd, uncomment following lines.
    #   #push @{$Phase{install}->{method}}, (
    #   #    [qw(/Library/StartupItems/ClamAntiVirusDaemon/ClamAntiVirusDaemon restart)],
    #   #);
    #
    #   # If you use freshclam as a daemon, uncomment following lines.
    #   #push @{$Phase{install}->{method}}, (
    #   #    [qw(chown root /usr/local/clamXav/bin/freshclam)],
    #   #    [qw(chmod u-s /usr/local/clamXav/bin/freshclam)],
    #   #    [qw(/Library/StartupItems/FreshClamDaemon/FreshClamDaemon restart)],
    #   #);
    #
    #   # other customization
    #
    #   # return success
    #   1;
    #};
    これを次のようにします。
    Code:
    $Setting{phase}->{specifier} = sub {
       # use build-in specifier
       PhaseSpecifier4ClamAV4ClamXav();

       $Phase{build}->{method}->[0] = [qw(
           ./configure --prefix=/usr/local/clamXav --disable-clamav
       )];

       # If you use clamd, uncomment following lines.
       #push @{$Phase{install}->{method}}, (
       #    [qw(/Library/StartupItems/ClamAntiVirusDaemon/ClamAntiVirusDaemon restart)],
       #);

       # If you use freshclam as a daemon, uncomment following lines.
       #push @{$Phase{install}->{method}}, (
       #    [qw(chown root /usr/local/clamXav/bin/freshclam)],
       #    [qw(chmod u-s /usr/local/clamXav/bin/freshclam)],
       #    [qw(/Library/StartupItems/FreshClamDaemon/FreshClamDaemon restart)],
       #);

       # other customization

       # return success
       1;
    };
  • clamd なし & freshclam あり & ClamXav 使用
    Code:
    $Setting{phase}->{specifier} = sub {
        # use build-in specifier
        PhaseSpecifier4ClamAV4ClamXav();

        # If you use clamd, uncomment following lines.
        #push @{$Phase{install}->{method}}, (
        #    [qw(/Library/StartupItems/ClamAntiVirusDaemon/ClamAntiVirusDaemon restart)],
        #);

        push @{$Phase{install}->{method}}, (
            [qw(chown root /usr/local/clamXav/bin/freshclam)],
            [qw(chmod u-s /usr/local/clamXav/bin/freshclam)],
            [qw(/Library/StartupItems/FreshClamDaemon/FreshClamDaemon restart)],
        );

        # other customization

        # return success
        1;
    };
    これを次のようにします。
    Code:
    $Setting{phase}->{specifier} = sub {
        # use build-in specifier
        PhaseSpecifier4ClamAV4ClamXav();

        $Phase{build}->{method}->[0] = [qw(
            ./configure --prefix=/usr/local/clamXav --disable-clamav
        )];

        # If you use clamd, uncomment following lines.
        #push @{$Phase{install}->{method}}, (
        #    [qw(/Library/StartupItems/ClamAntiVirusDaemon/ClamAntiVirusDaemon restart)],
        #);

        push @{$Phase{install}->{method}}, (
            [qw(chown root /usr/local/clamXav/bin/freshclam)],
            [qw(chmod u-s /usr/local/clamXav/bin/freshclam)],
            [qw(/Library/StartupItems/FreshClamDaemon/FreshClamDaemon restart)],
        );

        # other customization

        # return success
        1;
    };
  • clamd あり & freshclam なし & ClamXav 使用
    Code:
    $Setting{phase}->{specifier} = sub {
        # use build-in specifier
        PhaseSpecifier4ClamAV4ClamXav();

        push @{$Phase{install}->{method}}, (
            [qw(/Library/StartupItems/ClamAntiVirusDaemon/ClamAntiVirusDaemon restart)],
        );

        # If you use freshclam as a daemon, uncomment following lines.
        #push @{$Phase{install}->{method}}, (
        #    [qw(chown root /usr/local/clamXav/bin/freshclam)],
        #    [qw(chmod u-s /usr/local/clamXav/bin/freshclam)],
        #    [qw(/Library/StartupItems/FreshClamDaemon/FreshClamDaemon restart)],
        #);

        # other customization

        # return success
        1;
    };
    これを次のようにします。
    Code:
    $Setting{phase}->{specifier} = sub {
        # use build-in specifier
        PhaseSpecifier4ClamAV4ClamXav();

        $Phase{build}->{method}->[0] = [qw(
            ./configure --prefix=/usr/local/clamXav --disable-clamav
        )];

        push @{$Phase{install}->{method}}, (
            [qw(/Library/StartupItems/ClamAntiVirusDaemon/ClamAntiVirusDaemon restart)],
        );

        # If you use freshclam as a daemon, uncomment following lines.
        #push @{$Phase{install}->{method}}, (
        #    [qw(chown root /usr/local/clamXav/bin/freshclam)],
        #    [qw(chmod u-s /usr/local/clamXav/bin/freshclam)],
        #    [qw(/Library/StartupItems/FreshClamDaemon/FreshClamDaemon restart)],
        #);

        # other customization

        # return success
        1;
    };
  • clamd あり & freshclam あり & ClamXav 使用
    Code:
    $Setting{phase}->{specifier} = sub {
        # use build-in specifier
        PhaseSpecifier4ClamAV4ClamXav();

        push @{$Phase{install}->{method}}, (
            [qw(/Library/StartupItems/ClamAntiVirusDaemon/ClamAntiVirusDaemon restart)],
        );

        push @{$Phase{install}->{method}}, (
            [qw(chown root /usr/local/clamXav/bin/freshclam)],
            [qw(chmod u-s /usr/local/clamXav/bin/freshclam)],
            [qw(/Library/StartupItems/FreshClamDaemon/FreshClamDaemon restart)],
        );

        # other customization

        # return success
        1;
    };
    これを次のようにします。
    Code:
    $Setting{phase}->{specifier} = sub {
        # use build-in specifier
        PhaseSpecifier4ClamAV4ClamXav();

        $Phase{build}->{method}->[0] = [qw(
            ./configure --prefix=/usr/local/clamXav --disable-clamav
        )];

        push @{$Phase{install}->{method}}, (
            [qw(/Library/StartupItems/ClamAntiVirusDaemon/ClamAntiVirusDaemon restart)],
        );

        push @{$Phase{install}->{method}}, (
            [qw(chown root /usr/local/clamXav/bin/freshclam)],
            [qw(chmod u-s /usr/local/clamXav/bin/freshclam)],
            [qw(/Library/StartupItems/FreshClamDaemon/FreshClamDaemon restart)],
        );

        # other customization

        # return success
        1;
    };
独自にカスタマイズした場合でよくわからないときは該当箇所を投稿してもらえれば、それ用の変更例を載せます。
_________________
OKAMURA


最終編集者 okamura [ 2007-12-19 00:44:52+00:00 ], 編集回数 1 回
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動 AIM
Atsushi



登録日: 2006.11.17
記事: 46
所在地: 愛知県

記事日時: 2007-12-18 21:59:43+00:00    記事の件名: アップデートできませんでしたが、記述が若干異なっています・・ 引用付きで返信

私のclamav-update.confの該当個所は以下の様になっています。

$Setting{phase}->{specifier} = sub {
# use build-in specifier
PhaseSpecifier4ClamAV4ClamXav();

# If you use clamd, uncomment following lines.
#push @{$Phase{install}->{method}}, (
# [qw(/etc/rc.d/init.d/clamd restart)],
#);

push @{$Phase{install}->{method}}, (
[qw(chown root /usr/local/clamXav/bin/freshclam)],
[qw(chmod u-s /usr/local/clamXav/bin/freshclam)],
[qw(/Library/StartupItems/FreshClamDaemon/FreshClamDaemon restart)],
);

# other customization

# return success
1;
};



# [qw(/etc/rc.d/init.d/clamd restart)],の当たりの記述がOKAMURAさんの物と若干違うようです。

「clamd なし & freshclam あり & ClamXav 使用」の場合に書き換え、再起動させてみましたがバージョンアップはされませんでした。
(私はclamav-update と FreshClamDaemonを使わせて頂いております)
何か他にしなければならないのでしょうか?
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動
okamura
Site Admin


登録日: 2006.11.13
記事: 291
所在地: 埼玉県

記事日時: 2007-12-18 22:37:32+00:00    記事の件名: freshclam.conf は連携するようになっていますか? 引用付きで返信

若干違うところはコメントなので気にしなくてよいです。

Atsushi wrote:
「clamd なし & freshclam あり & ClamXav 使用」の場合に書き換え、再起動させてみましたがバージョンアップはされませんでした。
とのことですが、再起動したのは Mac OS X または freshclam ですよね。バージョンアップがされなかったという最終結果はわかりましたが、それは clamav-update.pl が実行されなかったのか、実行されても駄目だったのかどちらかわかりますか?
Code:
OnOutdatedExecute /usr/local/clamXav/bin/clamav-update.pl
という行が /usr/local/clamXav/etc/freshclam.conf に無ければ freshclam と連携して自動アップデートされません。手動で clamav-update.pl を実行するなど他の方法が必要です。
_________________
OKAMURA
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動 AIM
Atsushi



登録日: 2006.11.17
記事: 46
所在地: 愛知県

記事日時: 2007-12-18 22:51:41+00:00    記事の件名: Re: freshclam.conf は連携するようになっていますか? 引用付きで返信

okamura wrote:
Code:
OnOutdatedExecute /usr/local/clamXav/bin/clamav-update.pl
という行が /usr/local/clamXav/etc/freshclam.conf に無ければ freshclam と連携して自動アップデートされません。手動で clamav-update.pl を実行するなど他の方法が必要です。


再起動したのはOSXです。
ちなみにご指摘の行はありませんでした・・・

言われて気がついたのですが前にもそんなことがあった様な気がします。
そのときは結局手動でインストールしたような気も・・・
自動で行う方法はどこかに書いてあったでしょうか?
多分、すぐにはできないでしょうから、
また後日頑張りたいと思います。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動
okamura
Site Admin


登録日: 2006.11.13
記事: 291
所在地: 埼玉県

記事日時: 2007-12-18 23:12:45+00:00    記事の件名: ドキュメントに書いてあります 引用付きで返信

freshclam と clamav-update の連携方法は「clamav-update :: ドキュメント :: clamav-update :: 実行」の「freshclam との連携」に書いてあります。それを参照してください。
_________________
OKAMURA
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動 AIM
t0mori



登録日: 2006.11.17
記事: 105
所在地: 東京都

記事日時: 2007-12-19 00:32:45+00:00    記事の件名: タイポ? 引用付きで返信

じゃないかと思うんですが、御確認頂けますでしょうか?

Code:
    $Phase{build]->{method}->[0] = [qw(
        ./configure --prefix=/usr/local/clamXav --disable-clamav
    )];

の最初の所、buildの後って'}'ですよね?きっと。
Code:
    $Phase{build}->{method}->[0] = [qw(
        ./configure --prefix=/usr/local/clamXav --disable-clamav
    )];


実は上のコードの状態の時、エラーが帰ってきまして、曰く

Code:
Unquoted string "build" may clash with future reserved word at /usr/local/clamXav/etc/clamav-update.conf line 159.
Wed Dec 19 00:14:51 2007 Can't load the configration file /usr/local/clamXav/etc/clamav-update.conf: syntax error at /usr/local/clamXav/etc/clamav-update.conf line 159, near "build]"
syntax error at /usr/local/clamXav/etc/clamav-update.conf line 186, near "}"
Compilation failed in require at /usr/local/clamXav/bin/clamav-update.pl line 249.

ということでしたので、修正してみた次第。

但し、これでclamav-update.plを実行してみた所、どうもうまく行ってない様子です。一見だらだら出力されるコードは正常なような気がするんですが、バージョンを確認したら、0.91.2のままでした。

取りあえずちょっと長いんですけど、clamav-update.plの実行時の結果を貼っておきます。
Code:
$ sudo clamav-update.pl
checking build system type... powerpc-apple-darwin9.1.0
checking host system type... powerpc-apple-darwin9.1.0
checking target system type... powerpc-apple-darwin9.1.0
creating target.h - canonical system defines
checking for a BSD-compatible install... /usr/bin/install -c
checking whether build environment is sane... yes
checking for a thread-safe mkdir -p... ./install-sh -c -d
checking for gawk... no
checking for mawk... no
checking for nawk... no
checking for awk... awk
checking whether make sets $(MAKE)... yes
checking for gawk... (cached) awk
checking for gcc... gcc
checking for C compiler default output file name... a.out
checking whether the C compiler works... yes
checking whether we are cross compiling... no
checking for suffix of executables...
checking for suffix of object files... o
checking whether we are using the GNU C compiler... yes
checking whether gcc accepts -g... yes
checking for gcc option to accept ISO C89... none needed
checking for style of include used by make... GNU
checking dependency style of gcc... gcc3
checking for a BSD-compatible install... /usr/bin/install -c
checking whether ln -s works... yes
checking whether make sets $(MAKE)... (cached) yes
checking for a sed that does not truncate output... /usr/bin/sed
checking for grep that handles long lines and -e... /usr/bin/grep
checking for egrep... /usr/bin/grep -E
checking for ld used by gcc... /usr/libexec/gcc/powerpc-apple-darwin9/4.0.1/ld
checking if the linker (/usr/libexec/gcc/powerpc-apple-darwin9/4.0.1/ld) is GNU ld... no
checking for /usr/libexec/gcc/powerpc-apple-darwin9/4.0.1/ld option to reload object files... -r
checking for BSD-compatible nm... /usr/bin/nm -p
checking how to recognize dependent libraries... pass_all
checking how to run the C preprocessor... gcc -E
checking for ANSI C header files... yes
checking for sys/types.h... yes
checking for sys/stat.h... yes
checking for stdlib.h... yes
checking for string.h... yes
checking for memory.h... yes
checking for strings.h... yes
checking for inttypes.h... yes
checking for stdint.h... yes
checking for unistd.h... yes
checking dlfcn.h usability... yes
checking dlfcn.h presence... yes
checking for dlfcn.h... yes
checking for g++... g++
checking whether we are using the GNU C++ compiler... yes
checking whether g++ accepts -g... yes
checking dependency style of g++... gcc3
checking how to run the C++ preprocessor... g++ -E
checking for g77... no
checking for xlf... no
checking for f77... no
checking for frt... no
checking for pgf77... no
checking for cf77... no
checking for fort77... no
checking for fl32... no
checking for af77... no
checking for xlf90... no
checking for f90... no
checking for pgf90... no
checking for pghpf... no
checking for epcf90... no
checking for gfortran... no
checking for g95... no
checking for xlf95... no
checking for f95... no
checking for fort... no
checking for ifort... no
checking for ifc... no
checking for efc... no
checking for pgf95... no
checking for lf95... no
checking for ftn... no
checking whether we are using the GNU Fortran 77 compiler... no
checking whether  accepts -g... no
checking the maximum length of command line arguments... 196608
checking command to parse /usr/bin/nm -p output from gcc object... rm: conftest.dSYM: is a directory
rm: conftest.dSYM: is a directory
rm: conftest.dSYM: is a directory
rm: conftest.dSYM: is a directory
ok
checking for objdir... .libs
checking for ar... ar
checking for ranlib... ranlib
checking for strip... strip
rm: conftest.dSYM: is a directory
rm: conftest.dSYM: is a directory
checking if gcc supports -fno-rtti -fno-exceptions... rm: conftest.dSYM: is a directory
no
checking for gcc option to produce PIC... -fno-common
checking if gcc PIC flag -fno-common works... rm: conftest.dSYM: is a directory
yes
checking if gcc static flag -static works... rm: conftest.dSYM: is a directory
no
checking if gcc supports -c -o file.o... rm: conftest.dSYM: is a directory
yes
checking whether the gcc linker (/usr/libexec/gcc/powerpc-apple-darwin9/4.0.1/ld) supports shared libraries... yes
checking dynamic linker characteristics... darwin9.1.0 dyld
checking how to hardcode library paths into programs... immediate
checking whether stripping libraries is possible... yes
checking if libtool supports shared libraries... yes
checking whether to build shared libraries... yes
checking whether to build static libraries... yes
configure: creating libtool
appending configuration tag "CXX" to libtool
rm: conftest.dSYM: is a directory
rm: conftest.dSYM: is a directory
checking for ld used by g++... /usr/libexec/gcc/powerpc-apple-darwin9/4.0.1/ld
checking if the linker (/usr/libexec/gcc/powerpc-apple-darwin9/4.0.1/ld) is GNU ld... no
checking whether the g++ linker (/usr/libexec/gcc/powerpc-apple-darwin9/4.0.1/ld) supports shared libraries... yes
checking for g++ option to produce PIC... -fno-common
checking if g++ PIC flag -fno-common works... rm: conftest.dSYM: is a directory
yes
checking if g++ static flag -static works... rm: conftest.dSYM: is a directory
no
checking if g++ supports -c -o file.o... rm: conftest.dSYM: is a directory
yes
checking whether the g++ linker (/usr/libexec/gcc/powerpc-apple-darwin9/4.0.1/ld) supports shared libraries... yes
checking dynamic linker characteristics... darwin9.1.0 dyld
checking how to hardcode library paths into programs... immediate
appending configuration tag "F77" to libtool
checking for ANSI C header files... (cached) yes
checking for a supported version of gcc... ok (4.0.1)
checking for gcc bug PR27603... ok, bug not present
checking for gcc bug PR28045... configure: error: your compiler has gcc PR28045 bug, use a different compiler, see http://gcc.gnu.org/bugzilla/show_bug.cgi?id=28045
Wed Dec 19 00:18:57 2007 child exited: 1
Wed Dec 19 00:18:57 2007 PHASE build: type method: command #0: failed
Wed Dec 19 00:18:57 2007 PHASE build: failed
make: *** No rule to make target `clean'.  Stop.
Wed Dec 19 00:18:57 2007 child exited: 2
Wed Dec 19 00:18:57 2007 PHASE build: type rollback: command #0: failed

$ sudo /usr/local/clamXav/bin/freshclam -V
ClamAV 0.91.2/5166/Tue Dec 18 22:09:51 2007
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
okamura
Site Admin


登録日: 2006.11.13
記事: 291
所在地: 埼玉県

記事日時: 2007-12-19 00:44:02+00:00    記事の件名: typo でした 引用付きで返信

t0mori wrote:
buildの後って'}'ですよね?
そのとおりでした。早速直します。

t0mori wrote:
Code:
checking for gcc bug PR28045... configure: error: your compiler has gcc PR28045 bug, use a different compiler, see http://gcc.gnu.org/bugzilla/show_bug.cgi?id=28045
Wed Dec 19 00:18:57 2007 child exited: 1
あ、このトピックの最初に書いた問題が出てますね。これは困りましたね。元がビルドできないと手が出せませんし。
_________________
OKAMURA
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動 AIM
okamura
Site Admin


登録日: 2006.11.13
記事: 291
所在地: 埼玉県

記事日時: 2007-12-19 01:03:03+00:00    記事の件名: どうやら素のままでは Tiger も駄目らしい 引用付きで返信

t0mori さんの投稿で気になって、ClamAV 0.92 のソースを手でビルドしようとしたら私のところでも同じ問題で configure が失敗しました。freshclam から clamav-update 経由でできていたのは、手動でやるのに換算すると次のように実行されるように設定していたからでした。
Code:
export CFLAGS='-arch i686'
export LDFLAGS='-arch i686'
./configure --prefix=/usr/local/clamXav --build=i686-apple-darwin`uname -r`
これは Intel Mac 用です。

今、手元に G4 マシンが無いので G4 については明日にでも家に帰ったら確かめてみます。G5 は…いくら t0mori さんでもこの辺を研究するのは辛過ぎますよ。G5 の助っ人が欲しいところです。
_________________
OKAMURA
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動 AIM
t0mori



登録日: 2006.11.17
記事: 105
所在地: 東京都

記事日時: 2007-12-19 03:08:47+00:00    記事の件名: G5でも…… 引用付きで返信

Quote:
G5 は…いくら t0mori さんでもこの辺を研究するのは辛過ぎますよ。G5 の助っ人が欲しいところです。

ノートだったらなぁ……デスクトップじゃ、持って行くわけにも行きませんしね……。
何か解決策らしきものが見えたら、またiChatででも遠隔操作して下さい Surprised
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
okamura
Site Admin


登録日: 2006.11.13
記事: 291
所在地: 埼玉県

記事日時: 2007-12-19 20:29:20+00:00    記事の件名: PR28045 問題を G4 で回避する方法 引用付きで返信

懸案の PR28045 問題を G4 で回避する方法が見つかりました。手動でビルドする場合でしたら次のようにします。
Code:
export CFLAGS='-g'
./configure --prefix=/usr/local/clamXav
この -g というのはデバッグモードでビルドすることを意味しています。「Bug 28045 - [4.0/4.1 Regression] Bitfield, &&, and optimization => bad code generation」では逆に最適化オプションが付くようにすれば回避できると読めますが、これは Intel 系の CPU での話しで G4 には当てはまりませんでした。

デバッグモードでのビルドになって全く最適化(スピードを速くしたりファイルの大きさを節約したり)されないので ClamAV の動作は以前よりも若干遅くなってしまいますが、「ClamAV "cli_scanpe()" MEW Handling Integer Overflow - Advisories - Secunia」にある Highly critical と高い危険度の脆弱性が解消されます。

これを ClamAV 用の clamav-update.pl の設定ファイル /usr/local/clamXav/etc/clamav-update.conf に反映するには
Code:
#### Environment Variables ####
#   $Setting{environment}->{VARNAME} = 'VALUE';
# PATH
#$Setting{environment}->{PATH} = '/bin:/sbin:/usr/bin:/usr/sbin:/usr/local/clamXav/bin';
と書いてある場所を探して、そのすぐ下に次の行を付け加えてください。
Code:
$Setting{environment}->{CFLAGS} = '-g';
これで手動または freshclam 経由で clamav-update.pl が実行されれば ClamAV が 0.92 にアップデートされます。

エビデンスとして次はそれでアップデートした G4 (Tiger) のマシンの様子を clamdsh.pl で見てみたところです。
Code:
$ clamdsh.pl

/var/ClamdOmitScan/clamd.socket$ system uname -a
Darwin ホスト名 8.11.0 Darwin Kernel Version 8.11.0: Wed Oct 10 18:26:00 PDT 2007; root:xnu-792.24.17~1/RELEASE_PPC Power Macintosh powerpc

/var/ClamdOmitScan/clamd.socket$ VERSION
ClamAV 0.92/5177/Wed Dec 19 16:03:02 2007

/var/ClamdOmitScan/clamd.socket$ exit

$


G5 は持っていないので何ともいえませんが、これと同じことをして回避できればラッキーということでお願いします。
_________________
OKAMURA
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信 投稿者のウェブサイトに移動 AIM
t0mori



登録日: 2006.11.17
記事: 105
所在地: 東京都

記事日時: 2007-12-19 20:53:09+00:00    記事の件名: ラッキー 引用付きで返信

早速clamav-update.confに追加してやってみました。
バッチリ、G5でも行けました。でも、前のに比べると結構時間掛かりますね。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示 プライベートメッセージを送信
特定期間内の記事を表示:   
新しいトピックを投稿   トピックに返信    clamav-update Forum Index -> Support All times are GMT + 9 Hours
ページ移動 1, 2  次へ
Page 1 of 2

 
移動先:  
新規投稿: 不可
返信投稿: 不可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
投票参加: 不可


Hosting by SourceForge.jp
Powered by phpBB © 2001, 2005 phpBB Group
Traduction par : PHPBB JAPAN / EUC-JP Edition : JP Support Forum